toggle
丁寧でわかりやすい!実践しやすい気学をお伝えしています♪
2020-10-18

【引越し】相剋の方位は凶ではない。

九星気学では引っ越しなど移動する場合、方位を出します。
もちろん、旅行やお買い物などにも方位は出しますが、人生で吉を最大限に出す場合は「引越し」の方位なのです。

先日、YouTubeで気学の動画を見てる時にびっくりしたことがあります。
これは、流派によって違うみたいですね。

私がお伝えしている九星気学では、凶方位は「五大凶方」です。
中には、10歳未満のお子さんに適応する「小児殺」と、早生まれの人に注意すべき「胎年加味」もありますが、基本的には「五大凶方」です。

五大凶方とは。

五大凶方とは、5つの凶方位を言います。

  1. 五黄殺・・・年盤、月盤で「五黄」のいる場所
  2. 暗剣殺・・・年盤、月盤で「五黄」のいる反対側
  3. 破壊殺・・・その年・月・日の「十二支」のいる反対側
  4. 本命殺・・・年盤、月盤の「本命・月命」のいる場所
  5. 本命的殺・・・年盤、月盤の「本命・月命」のいる反対側

以上が、気学上言われる「凶方位」になります。

吉方とは。

では、吉方位はどのように取るのでしょうか。
年盤・月盤上で、先ほどの「五大凶方」を除いた中で、本命・月命と相生の関係の星がいる方位が「吉方位」となります。

出来れば、本命・月命共に相生の星がいる方位が望ましいのですが。
取れない場合は、本命の相生の星のいる方位を吉方として取るようにします。

ここでいう、「相生の星」とは何かを説明しますね。
これは五行を見ます。

相生・相克について

一白水星から九紫火星までの9つの星には、それぞれ五行が割り当てられています。

一白水星を例にしてみますね。
一白水星は五行では「水」です。

図を見ると「水」の両側には「金」と「木」がいます。
水は「金」が冷える事によって表面に水滴が付くことで生まれます。
水は「木」を育てます。

この五行の原理から、水にとって「金」と「木」は、お互いを助け合う星という事で「相生の関係」と言います。

では、その他の星を見ますね。
「火」は水を消します。
「土」は水を汚します。
なので、水にとって「火」と「土」は殺しあう関係なので「相剋」の関係と見ます。

この相剋の「殺しあう関係」と言うのが間違いの元なのです。

相克は凶方位?

相剋は「殺しあう関係」という事で、これを「凶方位」として取ってる流派がいるみたいです。
私が見たYouTubeの動画がそうです。

しかし、凶方位は「五大凶方」のみなのです。
という事は、相克は「凶方位」ではないのです。

ちなみに「吉方」でもないので「吉凶なし」の方位になります。

 

方位の取り方は間違えてしまうと大変です。
ぜひ、正しい取り方を覚えて下さいね。

 


The following two tabs change content below.
幸せになる九星気学を伝える 氣彩塾~kisaijuku~ 初めてさんからプロとして活躍したい方まで! 九星気学の占術を学びながら幸せになるための方法を学ぶ講座を開催。また占い師・セラピスト様が活躍する場であるイベントを主催しています。

無料プレゼント中♪

関連記事