toggle
諦めてはいませんか?運命は自分で変えられます!九星気学風水は貴女を幸せに導く道標です!
2019-01-01

おせち料理で新年を祝う意味

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
2019年も宜しくお願いいたします。

さて、お正月と言ったら「おせち料理」ですよね。
皆さま食べられましたか?

最近は、色んなお店が独自の「おせち料理」を作って売られています。
コンビニでも売られていますので、ご自宅で作られるお家が少なくなったのでしょうか?

そもそも、「おせち料理」はどうして食べられるようになったのでしょうか?

おせち料理はどうして食べるの?

おせち料理の「せち」は、本来「節」なのです。
1年の節目、月の節目などそれぞれに「節」はあります。
1年の節目「去年の節と今年の節を分ける」と言う意味で「節分」があります。
なので、本来の新しい年の始まりは2月4日からになります。

2月4日の新しい年に、その年の「歳神様」のいる方位にお参りに行く「恵方参り」が本来の初詣です。
その新しい年の神様と一緒に祝う料理が「おせち料理」です。

しかし、日本ではグレゴリオ暦の採用により明治5年12月2日の翌日が明治6年1月1日となったため、約2か月のずれが生じてしまいます。

なので、新しい年の初まりを本来の2月4日ではなく。
暦の初めの1月1日を「お正月」と呼んでお祝いするようになりました。

正式なお重は五段?

お正月は、その年の神様「歳神様」を家に招き入れ、五穀豊穣・家内安全・子孫繁栄などの福を授けてもらうための行事です。
おせち料理は「神様のお供え料理」であり、家族の幸せを祈る縁起物として「重箱に詰める」は「福が重なる」「めでたさが重なる」と言う願いが込められています。

お重は通常、「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」と四段のお重に詰めますが地方によっては五段目を空で準備して「神様から頂いた福を詰める」段とするそうです。

お節の具材の意味は?

一の重:祝い肴

数の子
ニシンと言う魚の子供である数の子。
「ニシン=二親」になる事から子孫繁栄を願う縁起物。

田作り
ごまめとも言われ「五万米」と書く事から五穀豊穣を願っています。

叩きごぼう
地の奥深く根が張る事から繁栄を意味しています。

黒豆
マメに働く・マメに暮らせるとの事からよく働き、元気に暮らせるように。

栗きんとん
栗は「勝ち栗」と言われる縁起物。
きんとんは「金団」と書き、黄金に輝く財宝を意味して豊かな1年を願います。

二の重:焼き物

ぶり
成長するごとに名前が変わる出世魚。
出世を願っています。


めでたいと言う語呂合わせ

エビ
腰の曲がったエビは、共に腰の曲がるまで長生きにと言う長生きを願っています。

三の重=煮物

ごぼう
根を深く張る事から、代々続く子孫繁栄を願います。

くわい
大きな芽が出る事から「めでたい」

里芋
子いもがたくさん付く事から子孫繁栄。

れんこん
穴が開いてるので、将来の見通しが良く聞くように。

八つ頭
頭となって出世するように。

与の重:和え物

紅白なます
紅白でめでたい。
祝いの水引きの意味もあります。

菊花かぶ
冬の旬である「かぶ」をおめでたい菊の花のように飾り切りしたもの。
赤く染めて紅白にする事もある。

五の重:空

神様から頂いた福を詰めます。

いかがでしたでしょうか?
何気に食べている料理にも、ちゃんと意味があるのですね。

では最後に、お正月に頂くお屠蘇。
これには、どのような意味があるのでしょうか?

お屠蘇で1年の邪気を払って長寿を願う

お屠蘇の「屠」は邪気を払うという意味。
「蘇」は魂を目覚めさせると解釈するので、邪気を祓い生気を蘇らせるという意味だそうです。

中国で始まった習慣は平安時代に日本へ伝わったそうです。
嵯峨天皇の頃にお正月の宮廷行事として始められ、江戸時代には庶民に広まったそうです。

お屠蘇は、お節やお雑煮を頂く前に飲みます。
また、「若者の生気を年長者に渡す」という意味で、年少者から年長者へと盃を回すそうです。
飲むときは、日が昇る東に向いて飲むと良いとされています

おわりに

昔から続くお正月の風習。
作るのが大変だったり、食べないからと簡素化が進んでいますが。
お正月くらい、ゆっくり本来のお正月気分を味わうのも良いですね。

どうぞ、本年が皆様にとって幸多き1年となりますように。
宜しくお願いいたします。


関連記事